さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
デッキの中から、ランダムに5枚引いて見ました。

怒りの根源をタロットで見てみた

「剣の9」
不安と恐怖の表現であり、安らかな安眠さえ脅かされる、危機的状況が描かれています。
端的に言えば、何かを恐れていて、それによって安心ができないといったことのようです。

「ワンドの4(逆)」
望みとしては、ささやかでもいいから精神的・感情的に安定した生活を送ることが考えられます。
前のカードとつなげて見ると、精神的・感情的に安定した生活を(今は)送れないことが怖いようです。

精神的に安定しないとは、やはりうつ病などの精神疾患や、自分の本来持つべき気力という活動エネルギーが安定しないため、時には何をするにも億劫になって、自分の存在意義を見失ってしまったり、逆に気力が有り余りすぎて、身体的には休息が必要な時でさえも、アクティブに活動してしまう、といったことのようです。

また、感情的に安定しないとは、怒りのエネルギーをうまくコントロールできないことや、感情に乏しい状態に陥ることだと思われます。

「カップのナイト」
このカードは、私自身をあらわしているように思います。
本来は、繊細ともいえる感性や感情を持っているはずなのに、それが抑圧されているため、それらを正常なレベルで感じたり、表現したりすることができず「、怒りという強力なエネルギーに覆い隠されてしまっているのでしょう。

「女教皇」
この人は、表現を変えると「巫女」であり(ちなみに「預言者」に相当するのは賢者)、物質世界と精神世界の橋渡しをする人物です。
また、光の柱と闇の柱、その二つの中間にいるので、清濁併せ持つことのできる存在でもあります。
いつでも、光にも闇にも偏らないような立ち位置にいます。

ヒーラーさん、私が「己の光が勝つことを望むため、常に光を闇と戦わせている」と言っていました。
だから、自分の立ち位置を光の側に固持し続けることを止めて、自分の中に闇があってもいいんだ、という認識をしないことには、自分の中での闘いは終わらないままなのでしょう。

「スターウォーズ」のアナキン=スカイウォーカーがダースベイダーになったように、自分が暗黒面に落ちてしまうことが、怖くて、維持でも光の側にい続けようとするのだと思います。
闇に引きずられない程度に、闇の側に進み寄ることが必要なのでしょう。

「釣られた男(逆)」
このカードは、自分自身に苦難を与えるとか、自己犠牲といった意味のカードですが、逆に出ています。
つまり、自分の今までやってきた、自分を投げ打ってまで他人にしてきたことが、自分にとってたいした意味を持たず、またその見返りとでも言うべきものが返ってこないことが、自分の絶望感となっているのでしょう。
[追記]3年ちょっと前まで、「お前がやらなきゃ俺がやる。だが、俺ができなきゃ誰がやる? だから、お礼外にも頼みたい仕事ができる奴を探せ!」みたいな風に感じてました。

「自分はこんだけお前にいろいろ便宜を図ったのに、その見返りが期待できないんじゃ、そんなことやっても意味ないんじゃぁ!」って感じです。
もちろん、見返り目的に行動しているわけではないのですが、自分の成した行動が、相手にとって当たり前になりすぎて、感謝の言葉さえもらえないのがイヤなのです。

実例を上げますと、妹が入院した時に、私は保護者的な立場となり、経済的支援などをしました。
ですが、逆に私が入院した時に、彼女が同じことをやってくれることを、殆ど信じることができないのです。
「俺がお前にやったレベルのことを、俺にやれるものならやってみろ!どうせ力不足のお前にゃできないんだろ?」っていう理由で、自分が犠牲を払ってまで助けた家族に失望しているわけです。

また、父親が父親としてあまりにも頼りなかった上に、私たち家族が困難に喘いでいても、親戚たちは支援のしの字もしなかった。だから「俺は人を頼らずに生きる」というルールを自分の中に作り上げてしまい、そのルールがいまだ自分の中で効力を持っているため、他人を頼ることに抵抗を持っているし、他人から頼られるのは、それは「人を頼るな」という自分ルールを相手が破った、と認識するので「俺がきちんと守っているルールを、あんな簡単に破りやがって!ムカつく!」ということで、怒りが出てきてしまうのです。

「自分が他人に対しての感じることを、相手も自分に対して同じようにする」という心の動きを、心理学では「投影」といいます。
簡単な例だと「自分なら絶対にやることを、相手も自分と同じようにやるはず」という思い込みのようなものです。

以上。
いろんな説明が出てきて、長くなりましたね。

だれか、「投影」について、より分かりやすい例を挙げてくださいな。
私の説明では分かりづらいと思うので。 Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/122-c52a10dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。