さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
今まで感じなかった、エネルギー酔いの状態に2度ほどなりました。

最初は、リーダーシップトレーニングの会場に入ってすぐ、ちょっと吐き気を感じました。
(私の言う吐き気とは、痰の吐き気)

2回目は、帰りの電車の中。
ちょっとだけしか混んでないのに、見事に気分が悪くなりました。

感受性のレベルが高い分、方向性の整っていない、乱雑なエネルギーを感じるのがきついです。

逆にパワフルなエネルギーでも、滑らかなものだと、そういう風にはならないと、感じます。
荒いものが負担をかけ、滑らかなものほど通り抜けやすい・・・。
これって、喉と一緒じゃないですか?

悪いエネルギー(悪い空気)を吸い込むと咳や痰が出て、防衛反応を起こすし、いいエネルギー(ツルツルのそばや、滑らかな蜂蜜)は、すんなりと喉を通って、身体に吸収される。

そうか、俺にとっては喉って言うのは自己表現のシンボルであるのはもちろんのこと、外のエネルギーを取り入れる時のフィルターの役割もしているのか。 Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/144-1ede591e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。