さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
うー、失敗しました。
一眼レフカメラ-50mmレンズ-レンズ保護用フィルタ-49/52mmアップステップリング-ペンタックスステレオアダプタ、という構成でステレオ写真を撮ったら、画面の四隅が暗くなってしまいました(ケラレ)。

やっぱり、レンズ保護用フィルターはステレオ撮影の時には外さないとダメですね。

さて、空中に飛び出した直後のツバメを何とか写真に収めましたので、公開します。
<平行法>
ツバメ(平行法)

<交差法>
ツバメ(交差法)

<赤青メガネ>
ツバメ(赤青メガネ)

一枚絵だと、画像の細かい部分がどうなっているかは、推測や判断で補うしかないのですが、立体視できると、距離感が脳内で再生されますので、感覚レベルでどういう空間配置かを把握することができますね。

この画の場合、ツバメの止まっているパイプが┌┘のような形で、奥方向に曲がっているのですが、通常だとその辺の情報が得られませんが、ステレオ写真なら、距離感が再生されるため「ああ、ツバメの止まっている部分は、奥方向に曲がった後に立ち上がっているんだな」ということが感覚レベルで分かります。

いやぁ、ステレオ写真って、本当にいいですね。 Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/183-93d3dc32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。