さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
20070630211250
行こう行こうと思っていて、なかなか行けなかった「ねむの木のこどもたちとまり子美術展」を見てきました。

やっぱりというかなんというか、絵を見ながら涙を流していました。
涙を流しつつ絵を見ていると、絵から「寂しいなぁ」という感情が感じられました(特にほんめくんの絵が)。
画面が寂しいのではなく、絵そのものが寂しさを感じさせるのです。
寂しさを感じてもそれを「寂しい」と言葉で表現できなかったんです、今までは。
涙を流すほどの寂しさを感じて、初めて寂しいと表現できるってのは、相当寂しいという感情を抑圧していたんでしょう。
(前から寂しさを非常に感じにくいことは自覚していました)

感情を麻痺させてまで、寂しさを感じまいとしていたなんて、よっぽど寂しかったんだな、俺(のインナーチャイルド)。
Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/204-77af1912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。