さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
私は、VISAデビットカードを使っています。
どうしても、ネット決済だとクレジットカードおよびそれに類するものが必要になってきたりするのです。
VISAデビットカードVISAデビットカード(裏面)

日本でデビットカードというとJ-Debitを指し、「銀行のキャッシュカードを利用した、即時引き落としのカード決済機能」というイメージですが、実は「クレジットカードのインフラを利用して、即時引き落としするカード」が存在します。それがVISAデビットカードです。

日本では、スルガ銀行やイーバンク銀行がこのVISAデビットカードを発行しています。
クレジットカードと同様に使えるけれども、クレジット(信用貸し)機能がなく、口座残高の範囲でしか使えないので、銀行や支店にもよりますが、高校生から持つことができます。

ここで各カードの違いをまとめます。

デビットカード:
「キャッシュカード」を使って「J-Debit加盟店」で買い物できる。キャッシュカードの口座から即時引き落とし。日本国内限定。

一般のクレジットカード:
「クレジットカード」を使って「カード加盟店」で買い物できる。紐付けした銀行口座から1か月分後払い。海外でも使える。

VISAデビットカード:
「VISAカード(機能を持ったキャッシュカード)」を使って「VISA加盟店」で買い物できる。キャッシュカードの口座から即時引き落とし。海外でも使える。

欠点は、即時決済カードであること。
銀行口座の残高が利用限度額になるので、残高が足りないと使えません。
電気代など月々支払うようなものも、銀行に請求が上がってきた時点で引き落とされるので、引き落としの日付が一定ではありません。

なお、デビットカード=J-Debitという認識の強い日本で、このVISAデビットカードをお店で提示して「デビットで」というと、VISAじゃなくJ-Debitで決済されてしまうので、「VISAの1回払いで」と言いましょう。
「クレジット」カードではないので、1回払い以外受け付けませんけれども。

J-Debitを扱っていないところでのカード払いや、オンライン決済をする際に、使えるカードだと思います。
Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/252-1567beb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。