さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

著作権JASRACなど権利者団体 「今後はiPodやHDDレコーダーなどが補償金の課金対象になるよう動く」…JEITA発言受け
新着レス 2008/04/04(金) 23:06
1 名前: ☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ 投稿日: 2008/04/04(金) 22:36:03 ID:???0
・「JEITAの大きな変化を、高く評価したい」―JASRACや日本レコード協会など権利者
 団体と賛同団体で構成する「デジタル私的録画問題に関する権利者会議」は4日、私的
 録音録画補償金問題に関して、エレクトロニクスメーカーの業界団体JEITAの「譲歩」を
 歓迎すると表明した。今後はiPodやHDDレコーダーなどが補償金の課金対象になるよう、
 文化審議会の小委員会などで訴えていく。

 私的録音録画補償金問題をめぐっては、権利者側とJEITAの主張が対立していた。
 権利者側は、地上デジタル放送の録画ルールを「コピーワンス」から「ダビング10」に
 緩和するためには補償金が必須とし、「ダビング10の合意にも、補償金制度の継続が
 含まれている」と主張していた。
 これに対してJEITAは、「DRM(デジタル著作権管理)があれば補償金は不要」と訴え、
 ダビング10というDRMが採用される地上デジタル放送機器は、補償金の課金対象に
 すべきではないと主張してきた。
 権利者側は「一度合意した内容を破棄しようとしている」と、真意をただす公開質問状を
 JEITAに送付するなどし、「補償金制度撤廃に議論が動くなら、6月2日のダビング10への
 移行が凍結される可能性がある」とJEITAをけん制していた。

 こう着状態を打破しようと、文化庁は1月17日の小委で折衷案を提示。「権利者がコンテンツの
 複製回数をDRMで完全にコントロールできれば、補償金は不要になる」という前提に立ち
 ながらも、「当面は補償金による対応が必要な分野」として、(1)音楽CDからの録音、
 (2)無料デジタル放送からの録画―を挙げた。

 この案では、ダビング10は「権利者が策定したルールではない」として権利者への補償が
 必要という考え。ダビング10対応の地デジ録画機器も、補償金の対象に含めることを検討
 すべきという方向性を示した。

 3日に開かれた小委で、JEITA著作権専門委員会委員長の亀井正博さんは「文化庁
 案に沿って、バランスの取れた解を見つけるために真摯に努力する」と発言。権利者側は
 これを「JEITAが、デジタル放送録画機器への補償金課金を含む文化庁案を容認する
 意思表示」ととらえ、「大きな変化」と歓迎した。(抜粋)
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0804/04/news128.html

Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/262-94e5d394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。