さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

【食糧】パン、コメ、トウモロコシ 穀物高騰、全世界で暴動続発
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1208849654/l50
1 名前: しいたけφ ★ [sage] 投稿日: 2008/04/22(火) 16:34:14 ID:???0

パン、コメ、トウモロコシといった基本食品の値上がりが加速し、暴動が発生する国が世界中で続出している。 暴動が原因で首相が解任される国もあり、事態は深刻化している。
国連も、各国首脳級による「食糧サミット」を開く方針を決め、事務総長も、価格高騰が「世界の安全保障を脅かす可能性がある」と異例の警告を発するという事態に発展している。

世界銀行の推計によると、過去3年間で世界の食糧価格は平均で83%上昇。これが原因で、少なくとも1億人が食糧不足にさらされるとみられている。その原因としては、気候変動による収穫量の減少や、中国やインドの食糧需要が増大したことなどが挙げられている。

さらに、ここ数ヶ月で、基本食品の値上がりが加速しており、世界各地で食糧をめぐる暴動にまで発展している。
エジプト、フィリピン、コートジボワール、セネガル、イエメン、メキシコなどで暴動が発生。カリブ海の島国・ハイチでは、 商店の略奪が1週間以上続き、事態を収拾できなかったとして国会が首相を解任するという事態に発展している。

それ以外にも、苦肉の策を取らざるを得なくなる国も多い。
例えばパキスタンでは食糧の配給制が復活し、ロシアでは卵などの価格を固定。
インドネシアでは補助金を増額し、インドでは高級米以外の米の輸出を禁止した。

以下ソース
http://www.j-cast.com/2008/04/21019285.html


うーむ、これは中国やインドの人口増による消費拡大、穀物のバイオ燃料への転換、先物取引の弊害の三つが問題のような気がする。
穀物が人間の食料としてしか消費されないならまだいい。けれども実際は家畜の飼料やバイオ燃料の材料に使われているから。その分消費量が増大する。
消費量が増大すれば、市場原理に従って価格は当然上がる。
各国が、先物取引で数ヶ月先の穀物を確保するために金を積むから、更に価格が上がる。

この先物取引が、厄介だと思う。
人の生死に直結する食料で、マネーゲームするな!

最近のニュース見ていると、公務員や官僚の公金横領とか、中国の環境度外視の生産活動とか、お金を吸い上げるために悪魔に魂を売り渡した連中が一番の現況だと思う。
役人だったら、予算が国民や市民から預かった大事なものと思い知れ!
商売人なら、お金を儲けつつも、その利益を顧客や従業員に還元し、お互い得する取引をせよ!

自分なら、自分の生活と欲求を満たすだけのお金と、危機に備えての必要なだけの貯蓄があれば、それ以上のお金は不要と考える。
もし、必要以上のお金があるならば、投資ではなく、積極的にお金を使うほうに回る。
お金はあくまでもツールだ。だからお金に振り回されてはいけない。そう思う。
Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/292-f7c7a066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。