さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

【動物】中国・胡錦涛主席来日の際、上野動物園にパンダ2頭を借り受ける方向で調整進む[04/29] ★2
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209428514/l50

1 名前: しいたけφ ★ [sage] 投稿日: 2008/04/29(火) 09:21:54 ID:???0

中国・胡錦涛主席来日の際、上野動物園に新たにパンダ2頭を借り受ける方向で調整進む

 中国の胡錦涛国家主席の来日時に、東京・上野動物園に新たにパンダ2頭を借り受ける方向で調整が進んでいたことが明らかになった。

 現在、上野動物園で飼育されている唯一のジャイアントパンダ、オスの「リンリン」22歳は、高齢による体調不良で、29日から展示が中止される。

 政府筋によると、新たな中国側からのパンダの貸し出しについて、来週の日中首脳会談での合意を念頭に、両国間で調整が行われているが、最終局面で中国側からの回答が滞っている。

FNN-NEWS:http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00131808.html

||| 上野動物園公式サイト - 東京ズーネット |||
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/
※前:http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209397320/
(関連スレ)
中国】5月6日の胡主席の訪日を控え「対日世論工作の強化」が必至となりそうだ…日本国内の厳しい対中感情を目の当たりに★5
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209373074/


パンダの故郷はチベット
パンダいらねぇてばよ!
チベットが友好のために、日本にパンダを貸してあげましょうってんならともかく、
なんであのクソ中国から借りなきゃいけねーんだよ!
パンダはチベットの動物ってのがだんだん日本国民に浸透しているし、もうだまされないぞ!

【動物】 "来園者もショック" パンダの「リンリン」死ぬ…上野動物園、36年ぶりの「パンダ不在」★2
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209524963/l50
1 名前: ☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ 投稿日: 2008/04/30(水) 12:09:23 ID:???0
★「子どもに見せたかった」=残念がる来園者-上野動物園

・大型連休の谷間で上野動物園を訪れた家族連れからは30日、リンリンの死を知らされると、驚きとともに惜しむ声が上がった。
 さいたま市の清野隆さん(32)は、妻とベビーカーの子を連れて来園。前回は2、3年前に夫婦で来たという。「その時はすごく元気だったから、死んだとはびっくりした。子どもはまだ1歳半だが、見せてあげたかった」と残念がった。

 娘の花菜ちゃん(6つ)と2年ぶりに訪れた埼玉県草加市の堀内政英さん(39)は
 「前回は2頭いて、1頭のおしりがうんちだらけだった」と振り返る。その時は来園者が少なく、
 「人でも動物でもこういう時しか注目されないのはかわいそうだ」と話した。 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080430-00000067-jij-soci

・上野動物園のジャイアントパンダは1972年、日中国交回復を記念し、カンカンとランランの2頭が来日。以来9頭が飼育され、日中友好のシンボルとして親しまれてきたが、リンリンが死んだことで、同動物園は36年ぶりの「パンダ不在」となった。
 カンカンとランランは日本中にパンダブームを巻き起こし、上野動物園の来園者数は現在の 2倍を超える年間700万人を突破。社会現象となり、79年にランランが死んだ際には、ニュースが新聞の1面を飾った。その後、中国からホアンホアン、フェイフェイが来日。2頭の間にトントン、ユウユウら3頭の子どもも生まれた。
 リンリンは92年11月、北京動物園に贈られたユウユウと交換の形で来日した。2001年と03年にはメキシコの動物園にわたり、繁殖を試みたが失敗。帰国後、メキシコから貸与されたシュアンシュアンとの間でも人工授精を試みたが失敗に終わり、待望の「2世」誕生はならなかった。 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080430-00000059-jij-soci

※前:http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209517792/


なんというタイミングで、上野動物園のパンダが・・・!
あまりにもできすぎたタイミングだから、人為的にそうなるように仕向けたようにも感じてしまう。

異国の地にて、閉鎖的空間を生きたパンダよ、ご冥福をお祈りします。
チベットの地から離され、不遇の日々を送るパンダをこれ以上増やしてはならないと思う。
だから、中国のパンダ外交には断固、反対する!
【関連リンク】
芸能ジャーナリスト 渡邉裕二のギョウカイヘッドロック
パンダ外交と日本の終焉 (草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN) Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/307-cca34958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。