さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
JavaScriptによるリンク自動生成の続き。

その1:結局、どうあっても手作業で修正しないといけない(手作業でリンクを張るか、手作業でBRタグを入れるか)なら、テキストエディタで整形してしまえ!
JavaScriptで生成させると、スクリプトを切ってあるブラウザでは見えなくなってしまう。NOSCRIPTタグでほとんど同じ文を入れなければいけない。手間がかかる。

ということで、正規表現を扱えるテキストエディタ(PeggyPad)で置換してみる。いい感じ。
でも、2回置換作業をしないといけない(http以下を置換ご、それに漏れたttp以下を置換)。
ちょっと面倒だし、間違った置換をしてしまう可能性が高い。

その2:どうせなら、置換作業をテキストエディタ内蔵のスクリプトで一気にやってしまおう!
そのためには、Peggy Padではぜんぜん話にならない。
もっと高機能なテキストエディタが必要だ。
前に、PeggyとかPeggy Proを使った覚えがある。MocaScriptというJavaScriptと似たような文法のスクリプトも内蔵してある。
と、いうことでPeggyをダウンロードしてきた。
ちなみにこいつは有償なんで、ライセンスを取得しないと、30日トライアルになってしまう。
アンカーシステムズのページに行って、ライセンス費用を見たら、Peggyが7500円!? 高ぇ!
今の俺には高すぎるぜ、こいつは!

あれ、紙に書いといたシリアルナンバーとライセンスキーが・・・ない。
メーラーのログにその辺の情報、残っているかな・・・あった!

ライセンスキー取得が、2003/09/27ですか。Perlスクリプトをいじっていたのはもう5年前になるのか。
ふむ、Peggy Proが4725円とな。
よくよくアンカーシステムのサイトを見直したら、パッケージ版のPeggyが1本で7500円でした。
大量導入で単価は下がるし、ダウンロード版ならもっと安いです(Peggyのダウンロード版ライセンスは2500円(税抜き))。

で、Peggyの最新版をダウンロード、ライセンスキーを入力し製品版として使用。
MocaScriptと悪戦苦闘しながら(前にJavaScriptと格闘したときよりは時間が短かった)、リンクタグ生成とイメージタグ生成のできるスクリプトができました。
やったね、これで2ちゃんねるのログを思う存分貼り付けられる(ぉぃ)。
Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/402-2d1fa2e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。