さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
人は自然に逆らいながら生きている。
自然に逆らうとは、「自然でない」こと。
「自然である」とは、どこにも余計な力がかかってないと言うこと。身体が緊張したりこわばったりせず、感情に偏りがなく、雑念に囚われないこと。
「自然な状態」であれば不自然なエネルギーたる穢れを祓うことができる。
つまり穢れとは、個人レベルでは、身体を緊張させ、一つの感情に固執させ、余計なことを考えさせる、力。
この力から自分自身を解放することが、穢れを祓うということ。
身体から余計な力を抜き、頭を空っぽにすること。

リラックスしたり、眠くなるとあくびが出るのは、余計な力が抜けたことで、その根源たる穢れが取り付けなくなって、身体があくびを使って穢れを祓うから。
(あくびのときに涙が出るのも、やはり翳れを祓うことにつながる)

身体だけじゃなく、頭からも余計な力を抜かないとね。
一番いいのは、何も考えないこと、頭を空っぽにすること。
でも、慣れないと、余計なことを考えてしまう。
ならば一つのことに頭を集中しよう。他のことを考える余裕がないくらいに。
お経を唱えたり、祈りを捧げてもいい。
それが自分自身の穢れを祓うことにつながる。
日本の穢れが浄化されますように、との想いを持ちながら祈念すれば、一石二鳥。

日本の浄化はまず自分自身から。自分にできることをコツコツと。
Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/464-4b3e6628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。