さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
そのせいでセンサー付き口金なんてものを買っちまった訳だが(苦笑)。

それにしても、電球型蛍光灯って、どうしてあんな立ち上がり遅いんですかね?
普通の蛍光灯なら、グローランプでもインバーターでも、あそこまで立ち上がりが遅いことはないのに。
やはり蛍光管の形状が複雑なのがネックなのかね。

その立ち上がりが遅いのを解消するために、わざわざ電源入れた最初の一分だけ、内蔵の白熱電球も光らせて、立ち上がりの遅さをごまかすような電球型蛍光灯もあるみたいだし。

白熱電球を使うのは、一般家庭では、トイレ、階段、廊下など、頻繁に電源入れたり切ったりする場所だけ。後は照明というよりは熱源としての利用だな。
白熱電球を一掃するして、その当たりの代替不可能~代替しづらいものに対して、どうフォローするのか、経済産業省は見解を示して欲しいものです。

製造~使用~破棄のライフサイクルを考えた時に、代替前よりもトータルコストがかかるんじゃ、全然エコノミーじゃないし、電力効率だけじゃなくあらゆる面での環境負荷を考えて、それが一定以上の軽減がなされると証明出来なきゃエコロジーにもならんからな。
Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/498-e4a0ae5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。