さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
えー、タイトルどおり、携帯電話に転送した動画が、音と絵が合ってません。
絵が音に対して1テンポ遅れるのです。

これは、フレームレート関係で少しずつ遅れていくとか、そんな状態ではなく、携帯電話の画像処理エンジンの関係で、実際に絵が表示されるまで若干のタイムラグがあるからのようです。

ならば、それに合わせて音を遅らせた状態で変換すれば、携帯電話上では絵と音がシンクロするはず。
ということで、いろいろ調べてみました。

その結果、携帯動画変換君には、直接読み込めない動画形式をAviSynthを使って読み込む設定があり、そのAviSynthには音声のタイミングを遅らせる機能がある、ということで光が見えました。

まず、携帯画像変換君のフォルダのcores\AVS_Skelton.avsを以下のように変更。

# 3GP_Converter AVS-Mode skelton
DirectShowSource("<%InputFile%>")
DelayAudio(0.5)
return last


赤い字の部分が追加した行です。
これで、音声が0.5秒遅れます。

それに合わせて、3GP_Converter.iniも、本来直接読み込めるファイル形式もAviSynth経由で読み込むよう設定変更。

[INI]
OutputDir=H:\thermon\CravingExplorer\download\3g2
DefaultSetitng=映像:Xvid 384kbps 15fps 音声:48kbps 24kHz Stereo
ExePriority=0
Language=Japanese
ExitIfFinished=0
DisableAVS=0
Minimized=0
EncodeBalloon=1
TemporaryFolder=
AllAbort=1
AddTime=0
AddTimePos=0
AddTimeFormat=[mm-dd]
ExecIfFinished=0
ExecIfFinishedCmd=finishing\MessageBox.exe
[Avisynth]
Ext0=WMV:\cores\AVS_Skelton.avs
Ext1=WMA:\cores\AVS_Skelton.avs
Ext2=ASF:\cores\AVS_Skelton.avs
Ext3=AVI:\cores\AVS_Skelton.avs
Ext4=MPG:\cores\AVS_Skelton.avs
Ext5=MPEG:\cores\AVS_Skelton.avs
Ext6=FLV:\cores\AVS_Skelton.avs


これで、携帯に転送した動画での音と絵のズレは目立たなくなり、またFLVファイルも直接3g2形式に変換できるようになりました。

よかったよかった。
Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/534-60d4fdb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。