さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
毎日新聞の海外サイトの変態記事問題とか、国籍法改正など、日本人と日本に対してネガティブな影響をもつ問題がでてきました。

インターネットの深い情報に触れていない人については、それらにぜんぜん気付いていない人もまだたくさんいるはずです。

2ちゃんねるのオカルト板にて、そんな人たちを目覚めさせる祝詞が2種載ってましたので、転載します。

pdfファイルに編纂された2ちゃんねる発、祝詞・和歌集はこちら

【八兼氏オリジナル拝詞】


祝詞集3-04

掛けまくも かしこき(畏き)いざなぎのおおかみ(伊邪那岐大神)、つくし(筑紫)のひむか(日向)の橘 をど(小門)のあわぎはら(阿波岐原)に みそぎ(禊)祓え給いし時になりませる(生り坐せる)
みはしらのうずのみこ(三貴子)の おおかみら(大神等)の おおまえ(大前)を おろがみまつりて(拝み奉りて)かしこみかしこみ(恐み恐み)も まおさく(白さく)

あまてらすおほみかみ(天照大御神)の 広き厚きみめぐみ(御恵)をかがふり(蒙り) 高き尊き みおしへ(神教)の まにま(随)に なおき(直き)正しき真心もちて(以て) 誠の道にたがう(違ふ)事無く 負い持つわざ(業)に励ましめ給へ

つくよみのみこと(月夜見命)の 深き清き御恵を蒙り 堅き厳しき 神教への随に 直き正しき せきしん(赤心)以て まこと(実)の道に違ふ事無く思い励ましめ給ひ 月の満ち欠けの如く導き給へ

たけはや すさのをのみこと(建速須佐之夫神)の たけき(猛き)強き御恵を蒙り 熱きはげしき(峻しき)かむおしへ(神教)の随に 直き正しき勇みの心以て まこと(真)の道に違ふ事無く思い励ましめ給ひ
大海原を知らしめすが如く たすけ(扶け)給ひ 家 名高く み(身)健やかに 世のため人のために尽くさしめ給へと 恐み恐みもまおす(白す)

願はくは神国日本に住まふ古(いにしへ)よりの日本民族に今一度の加護を垂れ給へ

仁を基とする恕(じょ)と 弱き者への慈しみと 平和への強き意志を
不正を許さぬ毅然たる懲治(ちょうぢ)と 自らを律する忍耐と 相応を知る慎みを
何者にも負けぬ強さと 如何なる逆境にも耐える闘志と 未知の物事に挑む勇気を
授け給へと伏して願ふなり




【瑞穂国安鎮祝詞】


祝詞集3-05

☆5-2「○○○○の大神」
 「○○○○」の部分には、まつりごとを司る神の御神名を入れる。「天照大御神」か「大国主大神」、または天照大御神の子孫、およびその別名が適切。それらの中から崇敬している神様のお名前か、好みのものを選んで入れれば良い。
 「大国主命」にお祈りしたいなら「大国主の大神」と、「神日本磐余彦尊/かむやまといわれびこのみこと」にお祈りしたいなら「神日本磐余彦の大神」とするのが良いだろう。製作者は大国主大神の別名「幽冥主宰大神/かくりごとしろしめすおおかみ」を念頭において謹製したとのこと。


掛け巻くも畏き○○○○の大神の大前に恐み恐みも白さく。
豊葦原(とよあしはら)の瑞穂の国を夜(よ)の守り日(ひ)の守りに守り給う大神の、
広き厚き御神徳(おおみのり)を最(いと)も恐み辱(かたじけな)み奉(まつ)り、
常(つね)も蒙(かがふ)る八百万の神等(かみだち)の高き大御徳(おおみのり)を尊(とおと)み奉り、
厳(いか)しき大御代(おおみよ)と仰ぎ奉りて、豊葦原の瑞穂の国を四方(よも)平けく
しろしめ始め給いし上(かみ)が上なる大神業(おおみわざ)を倣(なら)い奉らむと国政(まつりごと)重(おも)しく仕え奉(たてまつ)る。
是(これ)の社殿(やしろ)を千々に飾り設け、御明(みあか)しの御灯(みひ)明(あか)く連(つら)ね連ね、
庭燎(にわひ)白(まおさ)く焼(た)き挙げて、斎(ゆ)回り清(きよ)回りて掲(かか)げ奉る巌(いず)の燈火(ともしびを)、
遠近(おちこち)より献奉(たてまつ)る幣帛(みてぐら)、瑞穂の国の益人等(ますひとら)が赤き心を、大前に捧げ奉(まつ)らくを
平らけく安らけく聞こし食(め)して、今も往く先も瑞穂の国の国政に仇為す禍神(まがつかみ)、
内外(うちと)の蠱業(まじわざ)の禍事罪穢れあらむをば、むくつけく生い障(さわ)り為す茨(むばら)、
緋緋色鉄(ひひいろかね)の剣もちて打ち払う事の如く、速やかに祓い給い清め給い、
幾許(ここだ)に過ち犯しける人の心の闇のあらむをば、四方の嵐も晴れて胸開くが如く、
清やかに吹き祓い浄め給いて、国中(くぬち)の益人等、各(おの)も各も大神の広き厚き御恵(みめぐ)みを忝(かたじけな)み、
真(まこと)の道に違(たが)う事無く、負い持つ任務(つとめ)に勤(いそ)しみ締まり、瑞穂の国に家門(いえかど)高く、弥栄(いやさか)に立ち栄えしめ給えと
遥かに拝(おろが)み奉らくと白す。

Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/583-d5f1ac8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。