さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
2ちゃんねる専用ブラウザ「rep2」をdebian/colinux/Windows XPで稼動させている。
今までは、ログデータをext3ファイルシステム(Windowsでは1ファイル)、その他のファイルをcofsファイルシステム(Windowsではフォルダ)で運用していた。
スクリプトを書き換えたりするのは、Windows側でやったほうが楽なので。

処理速度が速くならないかなぁ、と思ってインターネットを漁っていたら、ReiserFSというファイルシステムがあるのを知った。
なんでも、動的にiノードを管理し、1ブロックに満たないデータは1ブロックにまとめるとか、ほかにも。
要は、小さいファイルがたくさんある場合とかに最適らしい。

ということで、ReiserFS用のファイルを作り(でかいファイルを作るのが面倒だったので、ext3で使っていたファイルをコピー)、colinuxでReiserFSでフォーマット、マウント、ext3フォーマットのファイルシステムからデータをコピーした。

体感的には、速くなったのかどうかよく分からない。


ログデータをReiserFSファイルシステムから、cofsファイルシステムにrsyncで定期的にバックアップを取っていたんだが、明らかに変更されていないはずの古いデータまで毎回上書きされていた。
なぜこれが分かったかと言うと、バックアップを取ったデータをさらにメインマシンで同期していて、ファイル更新がやたら多かったから。

cofsファイルシステムとして使っているフォルダを共有フォルダとして使っていたので、cofsでなくsmbfsでマウントしてrsyncでバックアップしてみた。
これだと、ファイルのアクセス時刻が元のファイルと同じになった。


ついでなので、逆にReiserFSファイルシステムをcolinux上で共有フォルダとして、設定してみた。
これで何ができるか。
colinuxでマウントしていて、Windowsからは中が見えないファイルシステムを、共有フォルダにすることでWindowsからアクセスすることができる!
ということで、最終的にはログデータとその他のファイル群を一ヶ所にまとめ、cofsよりも高速で、なおかつスクリプトをWIndowsから編集できるようになった。

ちょっとうれしい。
Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/594-14cfab2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。