さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
隣の市の病院に行った帰りに、パソコン用パーツも扱う家電量販店に立ち寄って、ハードディスク(容量1TB)買っちまったわ。
うち、市町村境に近い場所に住んでるんだけど、市の北東の外れから、西隣の市に行く事になったから、遠いの何の。

家電量販店も、市の西の外れだから、目的意識がないと行けない場所だったりするし。

で、新しいハードディスクはサーバ兼テレビキャプチャ用マシンに繋げました。
今まで、メインマシンとサーバマシンに分散していた動画や音楽ファイルは、NAS(容量300GB)に移動してなんとかしのいでいたけど、ようやく整理できるわ。
常時稼動マシンが2台(サーバとNAS)あっても、電力の無駄だしね。



それに使ってたハードディスク、容量200GBなんだけど、エラーセクタが多発していたので、使い続けるには不安があったんだわ。
しかも、データドライブにエラーセクタが多かったので、システムドライブを縮小して空きエリアを作っても、データドライブを拡げるのは容量の関係でバックアップが取れないこともあって怖かったし。
(だから、空いた領域はシステムバックアップ用として新しくパーティーションを切るしか有効活用する方法がなかった)


そんで、ハードディスクのコピー開始。
9年前に買ったパソコンのハードディスク(容量16GB)にubuntuを入れてあったので、ubuntuを立ち上げた。

サーバマシンでcolinuxを使ってrep2という2ちゃんねるアクセスサーバを稼動していたので、colinuxで使っていたファイルシステムのイメージをループバックでマウントして、ubuntuで起動した。
(Linux系では、ハードディスクのパーティーションイメージを書き込んだファイルをマウントできる)

ddコマンドを使って、ハードディスクの中身を丸ごとコピーする。
間違った指定をすると最悪、コピー元が破壊されるので、きちんとデバイス名(と容量)を確認してから実行しなくてはいけない。

USBインターフェースで接続してコピーかけたら、なぜか転送が途中で止まったり、しかたなく内蔵してSATAで繋いで立ち上げたら、BIOSがハードディスクを認識しなくて、ハードディスクのジャンパピンで転送速度を3GBpsから1.5GBpsにしないといけなかったり。

転送は、容量の割には速かった。
SATAドライブ同士だったので、200GBを4時間弱、15MB/sくらいで転送できた。
転送終了後、コピー先のデータ用パーティーションとイメージ用パーティーションを削除。
基本パーティーションが4つあって、拡張パーティーションを作るには最低一つは基本パーティーションを削除しないといけなかった。
イメージ用パーティーションは、パーティーション操作で空いた領域を、データパーティーションを拡大せずに有効利用するためにとった苦肉の策だったので、データパーティーションに統合することに決定。

で、Windowsでパーティーションを作って(ubuntuというかGpartedのバージョンが古いせいか、ntfsフォーマットでパーティーションが作れなかった)、データとイメージをコピーした。

トラブルといえば、データパーティーションのドライブ名が変わってしまったので、データパーティーションに移動してあったデスクトップフォルダがシステムに認識されなかったりしたくらいかな。
これで、900GBの容量を持ったデータドライブができた。
1TBハードディスク(Windows XP管理画面)



ちなみに、容量1TBと書いてあっても、まるごと1TB使えるわけではありません。
あくまで未フォーマット時の記憶容量で、しかも1TB=10^12バイトの計算であり、1TiB=2^40バイトではないので、フォーマットすればファイルを管理する情報の分だけ容量は減るし、ウィンドウズ側はドライブ容量をGBと表示しながら、実際の単位はGiBなので、表示の上では容量はさらに減ります。

SI接頭辞、例えばk=1000を、便利だからといって2進数メインのコンピュータの世界でk=1024として使ってしまったのが、まだ尾を引いていると言ったところですね。
ubuntuのパーティーションエディタでは、その辺はきちんとしていまして、容量表示にギビバイトとかメビバイトとか表示されてます。
最初これを見たとき、「翻訳が間違ってるのかな?」と思いましたが、ネットで調べたらギビとかメビとかいうのは、2進接頭辞と言って、2の乗数倍を表すものなんですね。
確かにこれなら、10^9だか2^30だか分からないギガバイト表示されるよりはよほど正確だわ。
1TBハードディスク(ubuntuパーティーションエディタ画面)
Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/595-aa9b65dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。