さあもん写真館でなく、さあもん写心館です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく
うーむ、本が本棚に入りきらなくなって、残りがプラスチックの箱3つに満載されてるわ。

本棚や箱には小説、マンガ、ハードカバー、新書、技術書、専門書……。

最近は、日本と特定アジア(韓国、中国、北朝鮮)に関する本をよく買っている。
敵を知り己を知れば百戦危うからず、なんてね。

「中国経済がダメになる理由」石平、三橋貴明
「日本の可能性 神話と歴史が語る「飛躍と持続」」高森明勅
「田母神塾」田母神俊雄
「とてつもない日本」麻生太郎
「国防論」田母神俊雄ほか
「通訳捜査官 中国人犯罪者との闘い2920日」坂東忠信
「本当はヤバくない日本経済 破綻を望む面妖な人々」三橋貴明
「西洋音楽から見たニッポン 俳句は四・四・四」石井宏
「パール判事の日本無罪論」田中正明

撃論ムック
 「反日マスコミの真実2009」
 「猟奇的な韓国」
 「世界に愛された日本」(「とてつもない日本」祭りに関するコラムがある)

正論2009年5月号(同じく「とてつもない日本」祭りに関するコラムがある)

量が多くて、全部は読みきれてないんだけどね。

本棚を眺めると田中ユタカ(「愛人 [AI-REN]」など)、竹本泉のマンガや、気象精霊記シリーズ(8巻までしか持ってない)、「ウィザーズ・ブレイン」シリーズ(現在VIIの中巻まで)が見える。
最近「とある魔術の禁書目録(インデックス)」や「沈黙の艦隊」にも手を出し始めた。

どーしてこんなに本が増殖するんだろう。
さすが、世界一の書籍流通量を誇る、わが国日本。
「R.O.D」なんて作品が出てくるわけだよw
Twitterでつぶやく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thermon.blog82.fc2.com/tb.php/604-56306425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。